ホーム » 太陽光発電

太陽光発電

太陽光発電

太陽光発電システムってなに?

太陽光発電システムとは、太陽光から電気を作るシステムです。
太陽光でつくられた電気は家で使うことが出来るほか、災害などの非常時にも日が照っていれば専用コンセントから電源をとることが出来ます。また、昼間使用して余った電気も、電力会社に買い取ってもらったり、蓄電池システムに充電して夜間や非常時に使用したりするなどの有効的な活用法があります。

太陽光は柴田産業

お客様のライフスタイルに合わせた様々なご提案をさせて頂いております。また、当社ではガスや太陽光発電システムなどの工事からLPガスの提供や太陽光発電システムのメンテナンスなどまで、最初から最後までを一貫してサポートしているので、工事が終わってからも長く安心してご使用いただくことが出来ます。お客様の生活が『より安心、より快適、よりエコな暮らし』となる様に、社員一丸となって日々勤めています。

太陽光は柴田産業
ガスの力でパワフルな生活!

ガスによるパワフルな調理や給湯が欲しいと思う方でも太陽光でお得。太陽光で発電した電気を昼に使用する家電で使い、余った電気は売ることで主な光熱費を大幅にガスだけに近づけることが出来ます。また、必要な時にお湯を作るガスではお湯切れの心配もなく、非常時の復旧も早いため電気とガスで非常時に家庭のエネルギーをまかなうことが出来ます。

最小限の手間とコストでリリース
蓄電池と合わせてもっと安心!

最近では災害などの非常時に備えて太陽光発電システムを導入される方も少なくありません。しかし、太陽光発電だけでは夜間などの太陽が出ていない時間に電気を使うことが出来ません。そこで今、大きな注目を集めているのが蓄電池です。蓄電池があれば太陽光発電でつくった電気を蓄えることで夜間などにも電気を使用することが可能になります。

蓄電池と合わせてもっと安心!<
太陽光発電のメリット
家計にやさしい!

太陽光発電システムで昼間の電力をまかなえるので光熱費を削減することが出来ます。また、余った電気は電力会社に買ってもらうことが出来るので、より光熱費を削減することが出来ます。

太陽光発電のメリット 太陽光発電のメリット
オール電化との相性もバッチリ!

オール電化の家で使用する電気を太陽光発電システムでまかなうことにより、購入する電気の量を減らし、昼間の余った電気を売ることで生活に必要な光熱費を大幅に削減することが出来ます。

オール電化との相性もバッチリ!
環境にやさしい!

太陽光発電システムはCO2を排出しないとても環境にやさしいシステムです。また、原子力や火力のように人体に悪影響を与えたりするような危険性もない為、非常に安全で環境にやさしい発電設備です。

環境にやさしい!
  • 太陽光発電システム容量4.9kW(245αPlus)の年間推定発電量。大阪地区、方位:真南、傾斜:30°の場合。太陽電池損失/温度補正係数…4~5月及び10~11月:8.7%、6~9月:11.6%、12~3月:5.8%/パワーコンディショナ(VBPC255A5)損失:4.5%/その他の損失(受光面の汚れ・配線・回路ロス):合計5%
  • CO2の削減量は、太陽電池生産時に発生するCO2の発生量(0.0455kg-CO2/kWh)を加味し、0.5045kg-CO2/kWhで試算。
  • CO2削減率(%)=CO2削減量(kg-CO2)÷(kg-CO2)
    *日本の平均的な1世帯から出る温室効果ガス排出量は年間約5,060kg-CO2(財団法人日本環境協会内全国地球温暖化防止活動推進センター資料より)
  • *パナソニック社カタログより(2015年12月発行)
いざという時も電力供給!

災害などによる長期停電が発生した場合にも、日が照っていれば自立運転モードで発電している電気を使用することが出来ます。また、蓄電池システムを導入しておけば、昼に使わなかった電気を貯めることで、夜になって発電が止まっても電気が使えます。

いざという時も電力供給!
取扱いメーカー
SHARP panasonic 長州産業株式会社 ソーラーフロンティア

エネルギーに関することは何でもご相談ください!